MEDKIDは今何を?:
2008年3月25日



自分用のウインドウズを買う!の巻 (3/25)

なんとぉ…GateWayを買っちゃいましたぁ〜。それに一応グラフィックボードも入れちゃいましたぁ〜。8600GTSの512Mです。

でも、これって自分の場合…マックからの引っ越しを意味していまして…大変なことに!(^^;)

だって、自分の場合、マックソフトの資産を生かさなければならないので…しんどいんですよね。マックのソフト…100本以上あるんですよぉ〜。

(´??ヘ`;)??ハ??ァ…


さぁ〜動くんでしょうかねぇ? しかし…努力! 「Vistaの上にマックを動かさねば!」と試行錯誤した結果…どうやらマックがVista上でも動くことを確認! 下の画面はVista上で「Basilisk」というエミュレーションのソフトで68KマックのOS7.55が動いている場面ですね。 お〜し! 最初の関門は突破したどぉ〜(笑。

そんなら昔のフライトシュミレータなんかもできるのかな?と立ち上げたところ…動く様子! 

(!o!)オオ!

ただ重大な問題が一つ、この頃USB端子ってなかったんですよね。加えて、今のJoyStickってUSBじゃ〜ん!?(^_^;)

JoyStickがつかえましぇ〜ん(T_T)

次はネットが使えるのか?という問題へ。

Ethernetが使えるのでネットを見ることは出来るんですよね。ただ…ブラウザが古いので新しい技術が使われているサイトなんかは見ることが出来ませんよね。

このころのインターネットの環境は電話を使うモデムを通してインターネットに通じていたんですよね。だから…軽いサイトが多かったんですが…今はブロードバンドの時代なので、コンテンツが違うんですよね。

でも良い点はEthernet対応のプリンタが使えることがある(すべてのプリンタは無理)…ということかな???

この記事も書こうと思えば…いくらでも書けるんですが…(実際、その経験が勿体ないのでDukuWikiでサイトを作ったりしています (;^_^A ??ア??セ??ア??セ…)。とりあえず、こんな感じで一歩ずつ動作確認をしている毎日です。ちなみにエミュレータでのマックのソフトには「SheepShaver」というPowerPC用のソフトもあるんですが…結論として、これもVista上で動きます。ただ動かすまでが面倒ですね〜。こんなことを3月中旬からやってます。(T_T) ですから…フライトシュミレータで遊ぶ場面までは行きません (??ノ_<。)??ヒ??゙??ェ??ェ??ン。

あとフライトシュミレータに関しては、昔のFMVと比べてみれば、もたつくことがなくなりましたよね。でも基本的にはパソコンがどうであれ、楽しみ方が大切なんで…パソコンの速さはフライトシュミレータの楽しみには直結しない様です。(苦笑 やっぱり…自分が「どのように楽しく遊ぶか?」ということを求めることがフライトシュミレータでは大切なんだとつくづく感じますね。また、それがフライトシュミレータの素晴らしさなんだと思いますね。

うまくフライトシュミレータで遊んでください! 
フライトシュミレータでの楽しみは、決して出費とは比例しませんよぉ〜。w
「いかに頭を使って楽しく遊ぶか?」ということなんでしょうねぇ???

←←←←←←
新しいパソコンでSaitekのjoystickを買ったとき付いてきたFSXのDemoをやってみました。

こんな感じで8600GTSでも…フレームレートが60〜70ぐらいですね。まだグラフィックボードは2回ほど交換ができるので…いちど9600GTにしてやってみたいなぁ〜と思っているのですが…。

ただフライトシュミレータの場合、他のゲームのソフトと違って基本のマシンの性能がかなり影響するので…グラフィックボードの性能の強化だけでは、より良い状態にはならないようですよね。

どうしようかなぁ〜。

悩みが多いmedkidでした(^_^;)


medkid all rights reserved
- このサイト記事の引用はリンクと共にこのサイトの名前を明記をすることを条件に許可します -